人々と桜の関係は古く、桜を鑑賞する文化が庶民に根付いたのは江戸時代のことでした。 八代将軍徳川吉宗が治水事業のために植えた桜の木が、庶民によって親しまれるようになったのがその原型であるといいます。すみだの町は、お花見発祥の地でもあるのです。 「東京スカイツリーカクテル」には、桜の浸漬酒をベースにしたサントリー社のリキュール、「ジャポネ桜」を使用しています。