江戸東京、すみだの町は桜と縁が深い場所です。墨田区には多くのお花見の名所があり、桜は区の木に指定されています。あの懐かしいラムネも、すみだとは縁が深い飲み物です。 ラムネの泡の中に、懐かしい思い出を見つける大人も多いのではないでしょうか。キラキラと浮かんできては弾ける、子供の頃の記憶 ― ラムネの甘酸っぱい味には、そんな意味もあるのかもしれません。 「東京スカイツリーカクテル」を彩る桜とラムネは、下町すみだならではのコラボレーションです。東京スカイツリーの麓で、新しい風が吹きわたり、桜が咲き誇るすみだの町をイメージして制作されました。 ノスタルジックな味わいの中に、新感覚のテイストが感じられるオリジナルカクテルです。